美容皮膚科 治療に必要な免許

顔へ注射

美容皮膚科はエステと同じようなものだと思ってる方もいますが、それはまったく違います。確かに美容という部分ではエステに似ているところもありますが、美容皮膚科ではエステよりもさらに高度な美容治療を受けることができます。

例えば、一重まぶたを二重まぶたにしたり、肌をリフトアップしたり、低い鼻を高くする施術も受けることができるのです。当然ながらこうしたことはいずれも治療行為にあたりますので、ちゃんとした資格がなければ行えません。ではどのような資格が必要かというと、国家資格である医師免許です。美容皮膚科ではメスを使った手術治療も行われますので、施術を行う人間は医師免許を取得していなければなりません。そしてこのこともエステと大きく違う部分といえます。

どういうことかというと、美容皮膚科の施術者には医師免許の取得が求められていますが、エステの施術者にはその必要がないということです。美容皮膚科とエステの違いが分からない人は、この点を抑えておいてください。

美容皮膚科 治療で必要になる資格

美容皮膚科の治療で必要になる資格は、医師免許です。美容皮膚科は、普通のクリニックや病院と同じで手術を行う際に医師の資格が必要になります。ですから、医師免許の資格を持っていない人はそもそも手術を行うことはできませんし、サービスを提供することもできません。

例えば、巷では永久脱毛をうたったサービスが提供されていますが、医学的な観点から永久脱毛を提供できるのはクリニックだけです。

つまり、美容皮膚科のようなクリニックに限定されており、それ以外の店舗では提供できません。

治療行為とは言っても、美容に関連する手術には高度な医学的な技術が必要になりますので、手術における安全性を確保することができないところでは、医療機器を使うことは当然できません。また、医療機器はそれを使うだけではなく購入するときにも条件が必要になりますので独断専行で売買することもできません。美容皮膚科は、安全面を確保してサービスが提供されているのでそのことを知っておきましょう。